スポンサーリンク

【たけしのニッポンのミカタ】そうめん 茹で方&食べ方&選び方【レシピ おいしい作り方】

そうめん

今日調べるのは、そうめんのおいしい茹で方&食べ方。

茹でるとき梅干しを入れる、

茹でるときのビックリ水(吹き込んこぼれの水)は不要、

食べるときの氷水はNG、

アレンジレシピ・そうめん入お好み焼き、

そうめんの選び方、

等々、6月19日のたけしのニッポンのミカタでマニアが教えてくれたそうめんのおいしい食べ方についてです。(画像はイメージです)

スポンサーリンク

たけしのニッポンのミカタ そうめん

そうめんのおいしい食べ方・茹で方が紹介されたのは6月19日のたけしのニッポンのミカタ。ニッポンの食マニアの特集の1つとして、そうめん偏愛家・ソーメン二郎さんが教えてくれました。

簡単! 極旨! そうめんレシピ (扶桑社ムック)

ちなみに今日のたけしのニッポンのミカタでマニアが教えてくれたそうめんのおいしい食べ方は3つ。茹で方(入れるもの)・茹で方(拭きこぼれビックリ水)・食べるときの氷水の3つです。

、あた、そうめんの選び方やアレンジレシピも教えてくれました。

スポンサーリンク

茹でるとき梅干しを入れる

茹でるときは梅干し(沸騰してから麺を入れる前に)を入れる。クエン酸の効果でコシができるためでした。

茹でるときビックリ水は不要

拭きこぼれそうになる時に冷たい水・ビックリ水は不要。ゆであがるときに甘さが出るので水を入れるのではなく火のの調整(弱くすること)がオススメです。

また、ゆであがった後は洗うのがオススメです。

食べるときはNG

食べるときはNG。水気を切ってざるに盛り付けるだけでOKです。

機械式&手延べ

また、そうめんの種類には、機械式と手延べ(切れないようにということで縁起物)の2種類があります。

アレンジレシピ・そうめん入お好み焼き

また、そうめんを使ったアレンジレシピとして、そうめん入お好み焼きの作り方を教えてくれました。

  1. 生地を焼く
  2. 茹でたそうめんをのせる
  3. 裏返してよく焼く
  4. パリッとした新食感になる