スポンサーリンク

【青空レストラン】赤皿貝 お取り寄せ通販サイトは?【 燻製オイル漬け】

貝00
今日調べるお取り寄せグルメは、赤皿貝と燻製オイル漬け

岩手県山田町で獲れるホタテのような形と赤茶色の貝のアカザラ貝

赤皿貝を燻製にしてオイル漬けにした山田のあかちゃん

等々、9月26日の満点青空レストランで特集される赤皿貝やお取り寄せになる赤皿貝の燻製オイル漬けについてです。(画像はイメージです)

スポンサーリンク

青空レストラン 赤皿貝(アカザラ貝)

赤皿貝(アカザラ貝)が特集されるのは9月26日の満点青空レストラン。ゲストにSnowManの2人(阿部亮平・宮舘涼太)が出演する回です。

ちなみに今日の青空レストランで特集される赤皿貝というのは、ホタテと同じイタヤガイ科の二枚貝。大きさはホタテ貝ほど大きくはならないようですが、貝柱の形もホタテっぽい見た目をしています。

アカザラ貝 燻製 オリーブオイル 漬け

テレビで紹介されました! 山田のあかちゃん(大) アカザラ貝 燻製 オリーブオイル 漬け 無添加 岩手 山田町 おつまみ 食品ギフト

スポンサーリンク

燻製オイル漬け

また、貝殻の形もホタテに似ていますが、大きさは小さく薄め。特に色はホタテとは結構違う赤茶色をしているので、名前が赤皿貝(アカザラ貝)になっているようです。

そんな赤皿貝ですが、大きさが少し小さいだけじゃなく、裁くのが手間だったりホタテや牡蠣の養殖についてしまうため邪魔者として扱われていた模様。一方で、味は良いために漁師が家で食べてきたという貝です。

しかも実は、フランス料理の食材としても使われるという赤皿貝。最近は日本でも新たな特産品として話題になりつつありますが、特にプリプリの身や濃厚な風味などが評価されています。

なお、この赤皿貝の食べ方も基本的にはホタテのようなレシピが一般的。今日の青空レストランでも、肝やエラも食べる刺身・中華炒め・フライ・海鮮焼きそば・等々で食べつくします。

また、赤皿貝を使った加工品では、あかざら貝の燻製オイル漬けも登場する模様。

テレビで紹介されました! 山田のあかちゃん(大) アカザラ貝 燻製 オリーブオイル 漬け 無添加 岩手 山田町 おつまみ 食品ギフト

赤皿貝のむき身を独自製法で燻製にする・味付けには岩手の陸前高田市の醤油を使う・オリーブオイルに漬け込むという燻製オイル漬けで、そのまま食べる他、焼きそばやパスタにもオススメという商品です。

ちなみに名前は「山田のあかちゃん」。岩手県水産加工品コンクールで県知事賞を受賞したという一品です。

お取り寄せ通販サイトは?

なお、今日の青空レストランでお取り寄せになるのもこのアカザラ貝の燻製オイル漬け。山田の牡蠣くんの「山田のあかちゃん」ですが、楽天市場の通販サイト等々でもお取り寄せできるグルメで、青空レストランと同じように、牡蠣のオイル漬けとのセット等も購入できます。

ちなみに今日の青空レストランで紹介されるのは岩手県山田町の赤皿貝で、山田町では新たな特産品としても注目され始めていますが、生産が盛んなのは宮城県気仙沼市(唐桑)で、その赤皿貝のボイルも通販サイトで販売されていて、お取り寄せでも購入することができます。