スポンサーリンク

【青空レストラン】カラフルミニトマト お取り寄せ通販サイトは?【あまえぎみ】

ミニトマト
今日のお取り寄せグルメは、青空レストランのカラフルミニトマト。

あまえぎみ

12月12日のお取り寄せ

愛知県豊橋市のブランドミニトマト

チョコ・グリーン・オレンジ・イエロー・赤

宝石のような色とりどりな見た目が特徴

種類も豊富(お取り寄せは7種類)で味や食感も違う

糖度もあってフルーツのように甘い

等々、12月12日の満点青空レストランでも紹介されるカラフルミニトマト・あまえぎみについてです。(画像はイメージです)

スポンサーリンク

青空レストラン カラフルミニトマト

ミニトマトがお取り寄せになるのは12月12日の満点青空レストラン。MEGUMIと玉城ティナがゲスト出演する放送で特集されます。

ちなみに、今日の青空レストランで紹介されるミニトマトの1番の特徴はなんといってもカラフルな見た目。定番の赤だけじゃなく、緑やオレンジや黄色の他、チョコのミニトマトまであります。

そして、そのカラフルミニトマトの名前が、あまえぎみ。

カラフルミニトマト・あまえぎみ

究極のフルーツトマトミックス1kg(あまえぎみ+クレア)宝石箱送料無料(ただし、北海道は1000円、沖縄は1500円、別途送料がかかります。)発送まで、1週間ほどお時間をいただきます。クール設定にて配送いたします。

番組では、そのカラフルな見た目から、宝石みたいにカラフルなミニトマトとして紹介されるミニトマトです。

スポンサーリンク

豊橋ブランド・あまえぎみ

なお、あまえぎみは、愛知県豊橋市のブランドトマト。豊橋は100年以上も前からトマトが作られていて、現在もトマトの生産が盛んですが、その豊橋で約15年前から作り始めたのがこの「あまえぎみ」です。

ちなみに、あまえぎみが作られたのは、「甘くて黄色いミニトマトをつくるため」。元々黄色いミニトマトはあったものの、黄色は美味しくないというイメージがあったため、その概念を打ち破りたいという思いから作られてブランドトマトです。

そのため、1番最初に誕生したカラーは黄色い「あまえぎみ」。当初は甘恵黄味という漢字で名前もついていたようです。

宝石のような色と種類・フルーツのような味や甘さ

また、その後は色々な色が誕生し、カラフルなミニトマトとして話題になった模様。現在はイエロー・グリーン・オレンジ・チョコ・クレアイエロー・クレアオレンジ・クレアレッドと、見た目だけでも元気になるようなビタミンカラーのミニトマトが7種類もの種類が存在し、その見た目から宝石のようなミニトマトともいわれています。

そんな「あまえぎみ」ですが、色だけじゃなく甘さも人気の秘密。基準は糖度が7度以上という甘いミニトマトで、色だけじゃなく、甘さも高糖度のフルーツのようなミニトマトといわれています。

また、色によって形や食感にも違いがあるのがあまえぎみの特徴。例えばクレアの3つは、定番の丸い形よりも長細い形をしていて、プチっとした歯ごたえからジューシーで爽やかなな食感が特徴のようです。

しかも、色によっては味も違い、甘さだけじゃなく、しっかりとした酸味がある種類もある模様(色は時期によっては糖度があってもしっかりとした酸味が強く感じる場合もある模様)。見た目だけじゃなく、味や食感も色々なミニトマトのようです。

お取り寄せ通販サイトは?

なお、あまえぎみは、今日の青空レストランのお取り寄せ商品にもなるブランドトマト。

また、楽天市場などの通販サイトでも色々な種類が販売されていて、お取り寄せでも購入できるお取り寄せグルメです。

青空レストランのお取り寄せトマト&トマトレシピ

なお、あまえぎみは愛知県豊橋市のブランドトマトですが、青空レストランでは、千葉県などで作られている高糖度のブランドトマトのオスミックトマトとそのレシピも紹介されたことがあります。

【青空レストラン】トマトの和風だしサラダ【レシピ&お取り寄せ通販サイト】甘いオスミックトマト
今日調べるのは、トマトの和風だしサラダのレシピ。 6月27日の青空レストランで紹介、 千葉の甘いフルーツトマト・オスミックトマトを使う、 等々、トマトの和風だしサラダの作り方やレシピに使うオスミックトマトのお取り寄...