スポンサーリンク

【あさイチ】冬バテ・血流アップ作戦(かかとの上げ下げ運動/お風呂温度/ゆっくり健康法)

足・脚・

今日まとめるのは、あさイチの冬バテ・血流アップ対策。

かかとの上げ下げ運動

ゆっくり健康法

お風呂(入浴温度)

等々、1月11日放送あさイチで教えてくれた冬バテ・血流アップ作戦についてです。(画像はイメージです)

スポンサーリンク

あさイチ 冬バテ・血流アップ対策・作戦

冬バテの特集が放送されたのは1月11日のあさイチ。水曜あさイチで紹介されました。

ちなみに、今日のあさイチで特集されたのは血流悪化による冬バテ対策。人によっては冬バテだけじゃなく、腰痛・肩こり・せき・腹痛などの原因にもなりかねないという「ゴースト血管」などの毛細血管のダメージによる血流を改善するための方法や作戦も教えてくれました。

そして、その対策というのが、かかとの上げ下げ運動・ゆっくり健康法・お風呂の入り方(入浴温度)・等々。

そこでこの記事では、1月11日のあさイチで紹介された冬バテ対策の血流アップ作戦の方法・やり方・ポイント・注意点などをまとめます。

スポンサーリンク

かかとの上げ下げ運動

  1. 背筋を伸ばして立つ
  2. かかとをゆっくり上げる
  3. 5秒キープ
  4. おろす
  5. 20回行う

1日3セットが目安

  • 血管研究の第一人者で大阪大学の高倉教授が紹介
  • 毛細血管の血流アップ
  • 第二の心臓・ふくらはぎのトレーニング
  • かかとを上げる角度は20度
  • リラックスして行う
  • 不安のある人は手を添えてもOK

ゆっくり健康法(よく噛む・深い呼吸)

  • なにごともゆっくり動く
  • 話し方・食べ方
  • 特に食事はよく噛んで食べるのが重要
  • 冬バテに詳しい医師でスポーツドクターでもある順天堂大学の小林教授が紹介
  • ゆっくり動くことで呼吸を深くする

お風呂(入浴温度)

  • 湯につかったとき肌がピリピリしない
  • 熱いと感じない
  • 心臓がドキドキしない
  • 3分経っても汗が吹き出さない
  • 熱くも寒くもない
  • 医師で入浴について研究する東京都市大学の早坂教授が紹介
  • 体に合った温度なら副交感神経を刺激(リラックス)して血流をよくする
  • 番組で紹介された人は39度だが個人差がある
  • 入浴時間は肩なら10分・半身浴なら20分
  • さらに血流をアップさせたい方には温冷交代浴(「湯船に3分ほど浸かる温浴」ち「30度程度の冷たいシャワーを手や足に30秒浴びる冷浴」を2回繰り返す(最後は温浴))もオススメ
  • 入浴前後の水分補給や冬に起こりやすいヒートショック対策も忘れずに