スポンサーリンク

【バゲット】二重跳び(縄跳び)の練習方法(縄の持ち方 リズム感 休憩 手の位置)

縄跳び

今日まとめるのは、バゲット・二重跳び(縄跳び)の練習法。

縄の持ち方

リズム感

休憩

手の位置

等々、8月1日のバゲットで二重跳びができるようになった縄跳びの練習方法例秀峰報についてです。(画像はイメージです)

スポンサーリンク

バゲット 二重跳び(縄跳び)の練習方法

縄跳びの特集が放送されたのは8月1日のバゲット。夏休み特別企画のバゲット・キッズチャレンジのコーナーで紹介されました。

ちなみに、今日のバゲットで紹介されたのは、二重跳びのができるようになりたいという子どもの夢をかなえる「縄跳びの練習方法」。二重跳びが1回しかできなかった子どもがたった1時間練習した結果、連続で二重跳びができるようになった練習方法をプロなわとびプレイヤーの生山コーチが教えてくれました。

そして、その縄跳びの練習方法のポイントが、・等々。

そこでこの記事では、8月1日のバゲットで教えてくれた二重跳びの練習方法・やり方・ポイント等についてまとめます。

スポンサーリンク

縄の持ち方

  • 一番端を具で握って長めに持つ
  • 親指は上に添えるように持つ(親指持ち)
  • 二重跳びにあった持ち方
  • 親指持ちは速く回すのに適した持ち方
  • 安定感のアップ

リズム感

  • 縄を持たずに行う
  • ジャンプしている時に2回モモを叩く
  • 連続で空中で叩く
  • 大事なのは縄を回すリズム感
  • リズム感を意識して叩く
  • 降りた時ではなく空中で素早く2回たたく
  • 頭の中でパンパン・パンパン…と唱えるイメージ

休憩

  • しっかり休憩を挟む
  • 5回に1回など
  • 二重跳びは普通の跳び方よりも手足の負担が大きい

手の位置

  • 最後(番組では2連続が目標なので2回目の時)は後ろまで腕を強く振りぬく
  • 手の位置
  • 縄のスピードを落とさないのが大事

キッズチャレンジ

ちなみにバゲットのキッズチャレンジでは、速く走るための「かけっこ」の練習方法も紹介されています。

【バゲット】かけっこの練習方法(姿勢 足の着き方 腕 スタート)【速く走る】
今日まとめるのは、バゲット・かけっこの練習法。 走る時の姿勢 足の着き方 腕の振り方 スタート方法 等々、7月25日のバゲットで紹介された速く走るための「かけっこの練習方法」についてです。(画像はイメージで...