スポンサーリンク

【世界一受けたい授業】百刷本(サラダ記念日 松下幸之助 等)【今村翔吾・増刷ランキング】

本・本棚

今日の本は、世界一受けたい授業の百刷本。

サラダ記念日

松下幸之助・道をひらく

思考の整理学

チーズはどこへ消えた

統計でウソをつく法

永六輔・大往生

等々、3月5日の世界一受けたい授業で今村翔吾先生が紹介した百刷本ランキングついてです。(画像はイメージです。)

スポンサーリンク

世界一受けたい授業 百刷本ランキング

百刷本の特集が放送されたのは3月5日の世界一受けたい授業。直木賞作家の今村翔吾先生が教えてくれました。

ちなみに、今日の世界一受けたい授業で特集された百刷本とは、100回以上増刷された大ベストセラーのこと。特に今日の授業では、今村先生が厳選した8つの百刷本をランキング形式で教えてくれました。

そして、その百刷本というのが、『サラダ記念日』『道をひらく』『思考の整理学』『チーズはどこへ消えた?』『統計でウソをつく法』『大往生』等々。

そこでこの記事では、3月5日の世界一受けたい授業で教えてくれた百刷本の名前・作家・出版社・特徴・お取り寄せ通販サイトなどについてまとめます。

スポンサーリンク

永六輔・大往生

『大往生』

  • 永六輔
  • 岩波書店
  • 1994年3月
  • テレビやラジオの司会で作家で『上を向いて歩こう』の作詞もした永六輔の本
  • 自分らしい死を迎えるための生き方
  • 103刷

統計でウソをつく法

『統計でウソをつく法』

  • ダレル・ハフ、高木秀玄(訳)
  • 講談社
  • 1968年7月
  • 数式を使わない統計学
  • グラフや統計データの見方
  • 103刷

チーズはどこへ消えた

『チーズはどこへ消えた?』

  • スペンサー ジョンソン、門田美鈴(訳)
  • 扶桑社
  • 2000年11月
  • 世界的ベストセラー
  • チーズが消えた時の小人の行動
  • 110刷

思考の整理学

『思考の整理学』

  • 外山滋比古
  • 筑摩書房
  • 1986年4月
  • 東大・京大で一番読まれた本といわれる
  • モノを考えるコツ(勉強は朝食前・いい考えが浮かばないときは寝る等)
  • 126刷

バカの壁

『バカの壁』

  • 養老孟司
  • 新潮社
  • 2003年4月
  • 平成で一番売れた新書
  • バカの壁は偏見や思い込み(越えるには個性より人の気持ちを理解すること)
  • 129刷

松下幸之助・道をひらく

『道をひらく』

  • 松下幸之助
  • PHP研究所
  • 1968年5月
  • ビジネス書
  • 松下電器(パナソニック)の松下幸之助の言葉
  • 271刷

サラダ記念日

『サラダ記念日』

  • 俵万智
  • 河出書房新社
  • 1987年
  • 日常の短歌集
  • 七月六日はサラダ記念日
  • 401刷

今村翔吾

ちなみに、今日の世界一受けたい授業で百刷本ランキングを教えてくれた今村翔吾先生は、『塞王の楯』で直木賞を受賞した作家です。